記事一覧

東北ローカル線支援企画第3弾。(後編)

前編より続き

地下鉄を満喫した後は、阿武隈急行線へ。

福島駅と槻木駅を結んでおり、槻木駅は一応終着駅なんですが、一日乗車券とかは売ってくれませんでした。しょんぼり。
ファイル 480-1.jpg

また、JRも阿武隈急行もどちらも福島行きという微妙にややこしいことになっています。
まあ、地元の人はなれてるんでしょうけどw

車内にはオリジナルの情報誌などもあり、ビール列車(ほろにが号)の宣伝もばっちりでしたw

さて、阿武隈急行が福島駅に到着したら、その向かいには別の電車が。
福島交通飯坂線です。
ファイル 480-2.jpg

その名の通り、飯坂温泉まで結んでいます。
福島駅のこのホームは飯坂線と阿武隈急行が共同で使用しており、改札通って左が槻木行き、右が飯坂温泉行きとなっています。

ちなみに、飯坂温泉は去年も行ってますので、ご参考まで。

最後にご紹介するのが、会津鉄道。
西若松と会津高原尾瀬口を結んでいます。

ファイル 480-3.jpg

JR只見線に乗り入れて会津若松まで直通している他、途中駅の会津田島駅から南は電化されていて、野岩鉄道・東武鉄道と直通しています。

今回乗ったのは鬼怒川温泉まで直通するAIZUマウントエクスプレスで、鬼怒川温泉からはスペーシアきぬがわで新宿まで行きました。
まさか乗り換え1回で会津と東京都心を移動できるとはw

さてさて、これにて東北13社局のローカル線を巡る旅はひとまず終了。
またあとで、記念乗車証一覧でもアップしますw

それでは、また。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをdel.icio.usに追加する
  • このエントリをニフティクリップに追加
  • このエントリをLivedoor クリップに追加
  •  
  • このエントリをFC2ブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークする
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://buchounx.kit.dj/diarypro/diary-tb.cgi/480

トラックバック一覧

クルマのヘコミ,格安で直します.
クルマのヘコミ,格安で直します.高知デントリペアサービス